ワインを高く買取してもらう方法

知人からのプレゼントやお歳暮などの季節行事で貰った、又は懸賞でワインが当たったのは良いけどお酒は飲めない、アルコールは大好きだけどビールや日本酒・焼酎しか飲まないなどのこだわりや趣向でせっかく入手したワインを持て余している方はいるでしょう。そのままの状態でお蔵入りさせるくらいなら買取をしてもらいましょう。ワイン好きな方々へ本来の値段よりも安く売って喜ばれる上に、飲まずに放置して最終的に破棄するくらいなら買取してもらう事によりお金を稼げるので誰も損しないどころか一石二鳥になります。買取先はメジャーなところでお酒の専門店、ネットオークションなどがありますが、どの様なルートであっても高く売る共通方法はあります。ここではそのコツをご紹介致します。

まずは自分のワインの状態を確認してみましょう

ワイン買取の際に気を付けたいのは「未開封であること」。これはアルコール飲料に限らず、食料品や化粧品などの消耗品全般に言えることです。衣類やアクセサリーなどは多少使っても構わない、品物によっては中古で使いこなされた方が高くつく場合もありますが一回でも封を切った食材を買いたいと思う方はいません。自分が売ろうとしているワインが未開封である事を前提に、他に確認したいのは品質状態です。ワインはロマネコンティを筆頭とするブランド物や年代物というだけでも高く買取できます。しかしブランド物でもラベルやコルクなどがボロボロだったりすると本来の価値が下がります。特にボルドーワインの場合、目減りがひどすぎる場合は本来なら高く売れるはずのものが安くなってしまうので普段の管理が高く買取されるかどうかにかかっています。

更に高く買取してもらうにはまず基本、そして買取タイミング

自分のワインの品質管理が十分だと確認したら次に調べるべきはワインの標準販売金額です。買取の場合は本来の50%前後の金額が適切とされているので、買取先が店舗でもオークションでも事前に基本的な販売価格を調べてみましょう。安すぎるものは論外ですが高額すぎるのも注意するべきです。大抵はブランド品でなくとも品質管理がしっかりしている、ワイン箱や生産者明記などの付属品が充実しているなどの決まりを守っていれば高く売れますが他にも注意したいのは売るタイミングです。秋のワイン解禁日を筆頭に、クリスマス、年末年始などの年に一度しかない特別な日だとワインの需要率が高まるのでそこを狙い買取に出すと、品質自体は同じでも意外に高く売れるものです。これは日々変動する株はもちろん、季節限定の品物にも同じ事が言えます。普段の品質管理や高く売却できるタイミングの知識取得などの地道な努力こそ、より高く買取できる成功につながるのです。

サッシカイアやシャトー・ル・パン、シャトー・マルテの買取も当店にお任せ! ワインセラーに仕舞いっぱなしのワイン買い取ります。 世界中で飲まれるワインは安定した需要があるので常に買取可能です。 おまとめ買取なら買取額UPで単品での買取よりお得です。 ロマネコンティ2003は買取価格相場は80万円以上! メドックの第1級格付けのシャトーワインなら世界中に買い手がいます。 ワインの買取いたします